原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名夏は夜
コメント 「夏は夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。螢の多く飛び違ひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。」

都会でなかなか蛍は見られないけれど、こんな感じだったのかなぁ。この七夕の日は雨も降っていた。

この枕草子では、
春→あけぼの
夏→夜
秋→夕暮れ
冬→つとめて

と、四季のうち早朝が2つもランクインしている。。。
昼がいいのはゼロ。

しかも冬にいたっては・・・

「冬はつとめて。
雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。」

昼になって暖かくなってきたら、火桶の火も、白い灰が多くなってしまい、よい感じがしない。

昼がわろし。って。(^_^;

なんか、この人いいな。。。。(^_^;(^_^;




埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

掲示板URL http://bbs10.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=popin

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト