現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 『リアル全国版』の新規参加者募集プロジェクト??? 
名前:だるま猫
2020/10/06(Tue) 03:21 No.104 


☆50代

競馬をガキの頃から参戦していると、ミスターシービー、シンボリルドルフ、オグリキャップ、トウカイテイオー、メジロマックイーンあたり???
社会人20代終盤にwinNT(家庭版95)に触れている世代で、20代中盤くらいまではオフコン作業あるいはカード消し込み(マークシート読み込み)作業。
幼少時代は競馬は関わってはいけないものと教わる世代。
社会人初期頃は単勝、複勝、枠連。
そもそも馬券購入自体が困難。
発売所希少で開催逆サイド(関東圏なら関西地区開催、関西圏なら関東地区開催)の情報入手困難。
競馬ファンの入り口は八大競走参戦
ただしこのころから逆サイド圏主要G?U(当時)の馬券購入は容易になった。
ニンテンドーファミコン初登場が20代で経験。
20代後半〜30代前半において携帯電話環境が飛躍的に進化。
この世代は、社会人初期にオグリキャップブーム経験やJRA競走馬ぬいぐるみなどグッズにも恵まれ、
競馬ファンは他世代と比較し割と多いように思われる。
ただ、前出通りIT環境進化により、さらにプレイステーションや初期簡易携帯ゲームなど、遊びの選択肢は多くなっている分、競馬と無関係の人も多く、
この方々はたとえボーナスが多く出た年であっても日本ダービーも有馬記念も、さらに年末ジャンボ宝くじさえも興味ないという人もまた多数。
携帯環境進化で、バクチやるより異性と一緒にいるほうを取る世代(月9ドラマ真っ只中世代)。
逆にゲームがいろいろと登場したことにより、ダビスタなどに影響されて競馬に興味を持った人も多い。
この世代になると、競輪、競艇はほぼやらず、
パチンコも全盛期経験が20代中盤くらいまでであることから、かなり離れていっており、パチンコ好きよりは競馬好きのほうが多いと思われる。

☆40代

競馬をガキの頃から参戦していると、ライスシャワー、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マヤノトップガン、ヒシアマゾン、ダンスインザダークあたり???
PC、携帯は当たり前に存在するもの・・・の世代。
スマホも普通にサクサクいじれる世代で、新機種新性能などいろいろと変化を遂げても対応楽勝な、非常に脳内器用。
ここも競馬ファンの中にはダビスタなどゲームの影響から入ってくる人もかなり多かったと思われる。
その影響から、この世代になってくると競馬のうんちく語りも多く、
マニアックな思想や発想で競馬を楽しむ人も他世代よりは多いと思われる。
そのぶん、別に競馬をやらなくても…という人もまた多く、
さらに趣味の選択肢が広がっていることからギャンブルより他カテゴリーに進んでいく人も多い。
それでもこの世代の若年時代あたりからオグリキャップブーム後であったこともあったか世の中に競馬が認知され、
様々な報道番組(主にスポーツニュース系)で競馬情報が紹介されたりしたことで、
競馬=ギャンブルではなく、スポーツとしてとらえる人も多い。
ただ・・・、
この世代はかなり就職難で苦労している人も多く、
ギャンブルどころではない・・・という経緯をたどっている人もかなり多いのでは?
それと・・・、
何でもかんでもサンデーサイレンスの仔・・・というシーンをまざまざと見せつけられて競馬をやめていった人も多い世代。

☆30代

競馬をガキの頃から参戦していると、スペシャルウィーク、グラスワンダー、テイエムオペラオー、ナリタトップロード、サイレンススズカ、エルコンドルパサー、キングカメハメハ、ハーツクライ、ディープインパクト、メイショウサムソン、ダイワスカーレット、ウオッカあたり???
競馬が国の垣根を越えて、国際的な見地に広がった世代。
加熱しすぎのディープインパクトブーム経験世代で、
ここから競馬に興味を持った人も多いのでは?
ただ・・・、
馬券購入意欲より、やはりスポーツととらえる人が多いのかもしれず???
この世代はアメリカなど諸外国から悪影響を受けてしまっての競馬どころではなかった…という人も多いのでは?
9.11テロ、リーマンショック・・・。
一旦景気は下げ止まりかとも思われたが、労働賃金環境は決して好転したとは言えず・・・。
逆にこうしたしょーもないことが周りにありすぎたことで世の中に無関心という人も多くなり、自分の趣味にひた走る人も増加。
ギャンブルは競馬よりスロット(パチスロ)という人が多いと思われるが、
趣味に走る世代でもあり、また馬券種も現行にほぼ近い形となり楽しめるように整備されたことで、
競馬を楽しむ人はよりのめりこむ人も多いのでは???
つまり、競馬をやる人は徹底的に、やらない人は情報にすら興味がない???
ただ、ディープインパクト世代でもあるので、興味がなくても競馬の話題で会話ができてしまう人も多い???
基本は携帯ゲーム絶好調世代で、サークルはWEB上のみという人も結構存在しそう。
40代くらいから徐々に傾向が出始めてきているが、いわゆる『2Mの男性』(平面思考)が増加。
アナログな競馬より、デジタルな携帯ゲーム傾倒。

☆20代

競馬をガキの頃から参戦していると、オルフェーヴル、ブエナビスタ、ヴィクトワールピサ、ゴールドシップ、キタサンブラック、アーモンドアイ、コントレイルあたり???
正直なところ、
20代の競馬人口はものすごく少ないのでは?
この世代は社会人初期に東日本大震災、そして現在のコロナウィルス蔓延など、やはり労働賃金環境に恵まれたとは言えず。
馬券買うより、お家で携帯ゲーム・・・という感じになってしまうのか?
すでにダビスタブームは去り、
3連単やWIN5など高額配当爆裂くらいしかウリがなくなりつつある。
我々競馬好きであれば、毎年誕生する重賞活躍馬などに胸躍らせたりもするが、
とにかく、競馬を全く知らない人に訴える要素がなくなりつつある。
女性騎手活躍で報道番組などでは紹介されたりもしているが、
競馬に興味がない人にはどうでもいいことであり、
女性騎手より、アイドルだったり若年女優さんだったりのほうが当然興味あるはずで・・・。
2019年10月現在ではあるが、
ワタクシが東京競馬場に行った際も、なかなかこの世代と思われる集団には出会わなかったし、
WINS横浜、WINS新横浜においても、この世代は極端に少ないような気がする。
そのぶん、パチスロ人口は破格で、
最近パチンコパチスロ業界がアニメの版権獲得に力を入れたこともあり、パチスロ人口のほとんどはアニメ(&最近流行の漫画)に精通している20代〜30代。

う〜ん・・・、
これから先、なまぴ〜さんのサイトにGIGA競馬など他サイトを経由せずに入ってくるのは、競馬熱ということなら30代が有望なのかなあ・・・。
この類に協力的というか、積極参戦意欲熱ということなら40代、50代なのかもしれんけど・・・。
ただこの40、50世代・・・、
こうしたWEB企画で楽しむ・・・というカテゴリーにおいては食い尽くされた・・・というか、頭打ちというか・・・。
今更、新たにこの類で楽しむか・・・となると???

なので・・・、
コマーシャル的な何かを企画するのであれば、
30代あたりをターゲットにして、
そのあたりの方々の意欲をそそるようなキャッチコピーとかサムネイルとかを工夫して、
制作してみるのがいいのかなあ・・・と。(=^・^=)

また、一旦去るにゃん!(=^・^=)


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: