現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:無題 名前:ひるねや
2013/01/07(Mon) 19:28 No.2 


「きみがよものがたり」と出逢わせていただけたことに心から感謝いたします
私はわの舞という古代の舞いの精神を復活させた舞いを舞っています。この本の世界観とわの舞が目指す世界がとても近く、舞仲間を通じて出逢うことができました。読むほどに深く響き、この本に描かれた世界に生きたと強く強く想い、涙が止まりません。
年末年始、自分自身と向き合うWSに参加して「どんな自分も認める」ことで他者のありのままを認めることができ、争いのない平和な社会へ向かうのに欠かせないことだと心底感じました。
そして、ずっと胸に秘めていた紙芝居や人形劇をしたい!という夢と、どんな自分にもOKするという自分にとってとても大切なテーマを叶えてくれる、きみがよものがたりの朗読と感じたことを描いて魂に響かせていく…という会をやってみたいとひらめきました!
31日にひらめき、明日それが実現します。そう決めたら、友人が餅つきをしてくれると連絡をくれました!絵本の中にも出てくるお餅つき!!「ひとつぶひとつぶがとけあってひとつのおもちになるように…」この共振共鳴にまたまた号泣…大きな力を感じます!
2013年、きみがよものがたりをあちこちで読んでシェアしていきます。この出逢いと大いなる愛と智慧と光に、心から感謝いたします。ありがとうございます!!!


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: