美濃源氏フォーラム 最新NEWS

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
美濃源氏フォーラムの新鮮な話題をお知らせします。

情報の発信が主体になりますので、
投稿はもう一つの、掲示板のほうへお願いいたします。

               2009年6月吉日
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:無題  名前:名無しさん 2019/02/01(金) 17:26 No.421  操作


「船田乱記」
難しくて解読できませんが、明智姓は見当たりません。
関係ありそうな名前は、長山右京亮、三宅又太郎ぐらいですが大変な戦いだったようです。詳細に読めば当時の恐ろしい戦いの状況がわかると思います。



題名:無題  名前:名無しさん 2019/01/31(木) 10:35 No.419  操作


「可児郡明地荘」は
中世において石清水八幡宮領荘園であった。

徳永健太郎氏のブログ「八幡宮寺領荘園・八幡別宮総覧」
http;//hachimanguji-net.hatenablog.com/entry/2015/12/05/232035

「明智光秀の実像」
https://nobutsubo.com/archives/1

土岐明智氏は、可児郡明地荘(石清水八幡宮領・男山八幡宮)を治めていなかったのではないか?

明智光秀は、細川藤孝の中間説
清和源氏の名門細川氏が身分の低い中間の娘を細川忠興の正妻にしたのか?

明智長山城には城郭遺構が認められないという調査報告があるそうで、もともと土岐明智氏は、可児市にはいなかったのか、船田合戦などで、滅亡又は衰退していたとすれば、明智名字が一人歩きした可能性も考えられる。







  
 

題名:Re: 無題  名前:名無しさん 2019/01/31(木) 10:42 No.420  操作

「中世八幡宮寺領一覧稿」
http://hachimanguji-net.hatenabiog.com/



題名:刺吏  名前:名無しさん 2019/01/25(金) 16:28 No.418  操作


「明智氏一族宮城家相伝系図書」「明智一族三宅家の史料」
明智光継(本名頼典 駿河守)
 光継殿前駿州刺吏宗善祐公大居士

「明智一族三宅家の史料」
明智光秀
長存寺殿前丹江両州太守兼日州刺吏明窓玄智大禅定門

「刺吏」を調べてみると
ウィキペディアには、「日本では国守の唐名として使われた」と書かれています。
どのような所以で使われたのか興味深いところです。



題名:明智一族三宅家の史料  名前:名無しさん 2019/01/25(金) 10:35 No.417  操作


光秀の子として(明智一族三宅家の史料(637頁〜646頁)

女子 明智左馬助光俊の室

女子 明智治右衛門光忠の室

晴光 童名 山岸熊太郎 明智作十郎 揖斐作之進 山岸勘解由
      始めの名は光舎 桂岳斬宗山 玄琳和尚
      妙心寺塔頭に住す
女子 細川越中守忠興の室

女子 織田七兵衛信澄の室

女子 山岸惣領 勘解由晴光継の室 盛姫と云う
   実は土岐要人頼盛の娘 光秀の養女として天下無双の盛女

光慶 明智千代壽丸 自然丸 惟任十兵衛 

光泰 吉壽丸 明智十郎次 十次郎

某  乙壽丸 安古丸

某  松壽丸 称壽丸 妾腹の男

某  秀壽丸 三宅藤兵衛 妾腹の男 重利のようにつくりなし   てあれども妾腹の男と有りて、この誤りは・・・

女子 順慶養子 筒井伊賀守藤原定次の室
   日向守養女と云えり

某  号不立 嵯峨天龍寺に閑居 京都音羽川の辺において横死

某  於鶴丸 時田十太夫 子孫は郷士となりてこれ在る由

女子 川勝丹波守の室

女子 井戸左馬助利政の室 同新右衛門利親の室
   実は進士美作守晴舎の娘

光保 内治丸 服部平大夫 戸塚と号す 蓑笠之助と改む

某  浅野内蔵助 浅野甲斐正秀の父

冬廣 於熊丸 後に若狭大掾と号す 刀剣鍛冶師
   母は若州遠敷郡小浜の住人刀剣鍛冶師冬廣の娘
   明智大乱の後、外祖父冬廣これを養い我が子とすと云う
   一説にこれは左馬助光俊の子とも云々

女子 原隠岐守源久頼室と云う 久頼は原紀伊守光廣の子にて
   参州岡崎の城主也

某  明智彦丸 明智家滅亡の後、江州志賀郡高木村に蟄居す
   或は高城村に住すとも云々 今高城氏の者、この子孫の由   



   



題名:美濃国諸家系譜堀田家譜  名前:名無しさん 2019/01/24(木) 09:59 No.416  操作


「堀田家譜」には
某 堀田十郎兵衛 浅野内蔵助

実は明智日向守光秀子也。母は正種娘菊女也。
山崎合戦の時、前日堀田正種は兼て君命を蒙り我が娘ならびに幼君を相伴い志賀郡大石村に於いて蟄居。或は乳父大石平左衛門という者是を介抱して江州大石村に落行き、是を養育とも云々。・・・
正種、後にこの外孫を我が子とし家名を譲り、堀田十郎兵衛と名乗らしむ。成長の後、浅野幸長に仕え・・主家の名字を賜り、一門の列に入る。後、浅野内蔵助と改める。
一万石を領す。慶長六年主人に属し紀州和歌山に移る。

浅野内蔵助ー某浅野伊織 領一万石 松平但馬守長晟に仕。
大石内蔵助良雄、實方の祖父云々。

堀田正種 母は明智光継女。堀田道空子 明智光秀に属す。
     豊光院前佐州太守道空宗圓大禅定門 常在寺
菊姫   堀田正種娘 日向守光秀妾 浅野内蔵助母也。

堀田正種ー正利ー正盛(実母春日局)
堀田正兼 或は正元 入道道空 斎藤道三執権 堀田正種父

「美濃国諸家系譜」(堀田家譜)に記述されています。     






題名:明智一族三宅家の史料  名前:名無しさん 2019/01/23(水) 17:26 No.415  操作


光秀の子息として、21人書かれている史料が見られる。

某として号浅野内蔵助 浅野甲斐正秀父也
母は、堀田正種女
明智家大乱の時、乳父大石平左右門是を介抱し・・・
祖父堀田正種堀田十郎平衛と名乗りしむ。
その後浅野幸長、浅野氏を譲られ一万石を賜る。
大石良雄の祖父是也。





題名:明智一族三宅家の史料  名前:名無しさん 2019/01/23(水) 16:34 No.414  操作


「三宅家系図」

明智光安子光俊(三宅弥兵次・明智左馬助)
国泰院殿前左典厩俊山雲龍大居士

光俊子三宅藤兵衛重利
龍徳院殿雪山道伯居士

明智光秀
長存寺殿前丹江両州太守兼日州刺吏明窓玄智大禅定門

この系図では、明智光俊室となった光秀娘の母は妻木範煕娘で、煕子ではなくお牧の方とされていて、光俊室の光秀娘は、お岸の方とされています。

「明智氏一族宮城家相伝系図書」では
明智光安 光安院殿前武庫三品法印宗寂秋山大居士
光俊   国泰院殿前左典厩俊山雲龍大居士(三宅家系図と同じ)
光秀の戒名は、書いてありません。



題名:無題  名前:名無しさん 2019/01/18(金) 15:24 No.410  操作


少しこだわるようですが

明智光秀の戒名は
秀岳宗光大禅定門
前日洲条鉄光秀居士
長存寺殿明窓玄智大禅定門

妻煕子の戒名は
福月真祐大姉

のようですが、バランスがとれていないような気がします。
西教寺さんのような専門のお寺さんに聞いてみないとわかりませんが、素人的には少し違和感があります。
長存寺は、どにかにあったのか、そんなことには関係なくつけられたのでしようか?


  
 

題名:Re: 無題  名前:名無しさん 2019/01/18(金) 15:43 No.411  操作

岐阜県可児市の天龍寺に明智一族の墓があり、光秀の日本一大きな位牌があるようです。
  
 

題名:Re: 無題  名前:名無しさん 2019/01/18(金) 16:49 No.412  操作

ネットの写真で見ただけですが
位牌は

秀岳宗光大居士(盛安寺・大津市)
長存寺殿明窓玄智禅定門(天龍寺・可児市)
前日洲太守条鉄光秀大居士(盛林寺・宮津市)

でした。

  
 

題名:Re: 無題  名前:Tm. 2019/01/18(金) 23:16 No.413  操作

ちなみに、福月真祐大姉は光秀よりも6年も前に亡くなってますよね。
ただ、光秀の妹の戒名は「長翁貞寿大姉」、娘で信澄室の戒名も「花渓眞英大姉」と位号が「大姉」なのは相応かと思われ、光秀の位号も「居士」ではないものの「大禅定門」なら相応なのかと思うのですが。



題名:光秀の室・煕子の基本検証について  名前:Tm. 2018/11/17(土) 11:44 No.383  操作


光秀の室については妻木範熙の娘で名前は煕子というのが通説となっていますが、それを確認できる最も古い文献はなんでしょうか。

wikiにある『美濃国諸旧記』(正保・1645-1648頃ヵ)だとするなら、そこには前妻として山岸信光の娘の千草の存在も記されており、それを無視して「煕子」のみを光秀唯一の妻であったかのように論じるのは問題だと言わざるを得ません。
もっとも『諸旧記』以前に「煕子」の伝承が存在していて、そこへ「千草」の件が挿入されという可能性も否定はできませんが、『諸旧記』にも「妻木範熙の女」とあるのみで「煕子」という名前は記されていません。

それについて、wikiには《『明智軍記』(元禄・1688-1704)によると》とあるのですが、刊行本の人名索引にも「煕子」の名は無く、本文では「範熙ガ娘」「妻室」と記されているのみのようです。『絵本太功記』(寛政9年・1797)には「照子」とあり、「煕子」の誤記あるいは仮名とみられることから、それ以前には遡れるものと思われます。

そもそも「煕子」という名前については、「当時らしからぬもの」として信憑性には疑問が持たれていますが、基本的な検証がなおざりのままに人口に膾炙していると言わざるを得ません。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:戦国未来 2018/11/17(土) 23:01 No.385  HomePage 操作

>『絵本太功記』(寛政9年・1797)には「照子」とあり
『系図纂要』では、父親の名を「妻木範煕」ではなく、「妻木範照」としています。

>「煕子」という名前については、「当時らしからぬもの」
「〜子」は正式名称のようですね。

『明智氏血脈山岸家相伝系図書』では、「お牧の方」、明智光秀の養母(光綱の妻)は「美佐保の方」としています。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:名無しさん 2018/11/18(日) 12:13 No.386  操作

安国寺系図は、進士氏と美濃山岸氏が如何に縁戚関係だったかを強調して、さらに進士美作守晴舎の名前が初めて見られる系図ですが、作為的な感もあり信憑性に欠けるものではないかと思います。
前段の部分は明智氏一族宮城家相伝系図書と同じで途中から書き換えています。
美濃国諸家系譜などもそうですが、どうしてこんなに山岸氏が出てくるのか不思議です。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:戦国未来 2018/11/19(月) 10:04 No.387  HomePage 操作

>どうしてこんなに山岸氏が出てくるのか不思議です。
「明智光秀=山岸信周の子」を前提に書いているからでしょう。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:名無しさん 2018/11/19(月) 07:22 No.388  操作

山岸信周が実在の人物かどうか検証できない事が、この系図の最大の疑問点です。
美濃国諸家系譜には山岸氏が悪源太義平の末裔という事を示唆していますが、そのような出自でなければ山岸氏に属して加賀の武士団が美濃根尾谷に落居するはずもなく、明智氏、進士氏との関わりも、そのような伝承が元をなしているのではないかと推測されますが、あくまでも推測、想像の限りです。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:Tm. 2018/11/19(月) 12:20 No.389  操作

『美濃国諸旧記』正保(1645-1648)頃では「信周」ではなく「光信」であり、その娘の千草が光秀の最初の妻であり、義理の父親とされています。
すなわち、時代が下るにつれ「光信」が「信周」に、「義理の父親」が「実父」へと変化したわけで、光秀が進士何某という説は、その前提からして根拠が不確かなんですよね。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:名無しさん 2018/11/19(月) 19:04 No.390  操作

その通りですね!
細川家に明智氏の関係者が身を寄せたであろう事はわかりますが、なんとなく無理な作為を感じます。
言い方はおかしいかもしれませんが、もう少し素直な系図にしてもらいたい気がします。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:Tm. 2018/11/20(火) 14:50 No.391  操作

何かと箔を付けたい=正統性を主張したいとなるからそうなるのでしょうね。
  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:戦国未来 2018/11/23(金) 00:05 No.392  HomePage 操作

江戸時代、「徳川家康と話したことがある」は自慢できるけど、「謀反人の明智光秀の親戚」とは言わない、隠すと思うけど・・・今日、岐阜県図書館で勉強してきます。では、おやすみなさい。
  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:Tm. 2018/11/23(金) 05:21 No.394  操作

細川家自体が明智の親戚ですからね。それに、先にあげた「絵本太功記」(○寛政11年7月-1799年8月・初演)での光秀は主役で悲劇の武将とされており、おそらく、『明智軍記』(元禄・1688-1704)の発刊あたりから世間の光秀に対する見方も変わり=同情的になり、その血筋を称することに抵抗はなく、むしろ家名の誉れとなるものであったと思います。
  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:戦国未来 2018/12/14(金) 22:56 No.400  HomePage 操作

>どうしてこんなに山岸氏が出てくるのか不思議です。
系図の制作者が玄琳(山岸光舎)だからかもしれませんね。
自分の家の話だから。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:Tm. 2019/01/12(土) 12:09 No.405  操作

結局、何時から光秀室の名が「煕子」と呼ばれるようになったかですが、三浦綾子さんが雑誌「主婦の友」に1973年1月号〜1975年5月まで連載された小説『細川ガラシャ夫人』の後日談として『人物日本の女性史』第4巻『戦国乱世に生きる』(集英社 1977)に述べられているなかに、
 余談だが、玉子の母の名も、私は坂本の最澄寺にその墓を見るまで、知らなかった。
 伏屋姫とか、お牧の方とか、小説には出ていた。が、墓には「明智光秀の妻凞子」となっていて、
とあります。
それを信じれば、三浦さんが『細川ガラシャ夫人』を執筆される時点で「煕子」という名は世間に浸透していなかったと考えられます。

ただ、「最澄寺」とあるのは言うまでも無く西教寺であり、また墓自体に刻まれているのは「福月真祐大姉 天正四年十一月七日」であり「煕子」でありません。その点に不審はあるものの、どうやら光秀室の名が「煕子」と呼ばれるようになった起源は西教寺にあったと考えられそうです。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:名無しさん 2019/01/17(木) 13:17 No.406  操作

「煕子」「熈子」とも難しい漢字ですね。
「ひろこ」と読むのでしょうか?
系図上では、単に女子とされ、あまり女性の名前は書かれていませんが、「煕」という字は山名時煕を想起します。
「明智一族三宅家の史料」にも書かれていなかったと思います。
「明智氏一族宮城家相伝系図書」「熊本安国寺系図」「明智一族三宅家の史料」は、山岸氏との関わりが書かれていますから、「山岸系図」があり、それを参考にした系図史料だと思います。
「明智光秀公家家譜古文書」では「明智氏血脈山岸家相伝系図書」という仰々しいタイトルですが同じです。
加賀から脇屋義助とともに美濃根尾谷に落居した山岸新左衛門(太平記に出名)の子長山遠江守頼基は土岐頼遠の聟となり、頼基の女子が明智頼重に嫁いだとされていますから、以後明智氏と山岸氏は重縁ということになります。
そのような事情が真実であれば、上記の系図書に山岸氏がたびたび登場してもおかしくありませんが、にわかに信じ難くなんとなく疑問です。
「光秀」についても良くわかりませんが、「煕子」については、全くわかりません。
ご研究を期待しています。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:名無しさん 2019/01/17(木) 15:49 No.407  操作

気が付きましたが、普通に考えると明智光秀の妻であれば戒名に院号がついていてもおかしくありません。
ネットにも福月真祐大姉とありますが、他の方の戒名のような気がします。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:名無しさん 2019/01/17(木) 17:21 No.408  操作

昔は、夫が大禅定門であれば奥さんも大禅定尼。禅定門であれば禅定尼となっているように思います。
戒名については詳しくありませんが夫婦であれば、その方が自然な感じがします。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について  名前:Tm. 2019/01/18(金) 09:32 No.409  操作

『絵本太功記』では、光秀は武智光秀、信長は尾田春永、秀吉は真柴久吉などと言い換えられており、そのことからすると、「照子」もまた、「煕子」と記するのをはばかった変名だと考えられたものかも知れません。


題名:無題  名前:名無しさん 2018/12/17(月) 13:02 No.401  操作


女性ボーカルさん募集しています。
スーパーシニアバンド(じじいバンド)では、なかなか参加してもらえませんね。
オールディーズやGSは生まれる前の曲ですから、なじみがないのかもしれません。
銀座のケネディハウスや博多のウインディ-、まだ生き残っているケントスなどに行かれると楽しいと思いますが?
では、良いお年をお迎えくださいますよう。


  
 

題名:Re: 無題  名前:井澤康樹 2018/12/20(木) 00:22 No.402  操作

瑞浪市に一人心当たりがありますが、岐阜市まで本番だけでも行けるかどうか?⁉️
一度、聞いてみましょう‼️

  
 

題名:Re: 無題  名前:名無しさん 2018/12/20(木) 10:50 No.403  操作

よろしくお願いします。

月1回の練習ですが来年は、1月13日(日)ドリームシアター岐阜6階の音楽スタジオで、1:00〜4:00まで練習予定です。
ご都合がよろしければ、お越しくださいますよう。

バンド名は、ミッドナイトキッズでしたが、みんなじいさんになりましたのでミッドナイトクルーズに改めました。
但し、じいさんばかりでなく、キーボードは女性です。

「翼の折れたエンジェル」で有名な中村あゆみのデビュー曲が「ミッドナイトキッズ」です。

オールディーズ、GSは、この世から消えつつありますから団塊世代としてのある意味で使命感も感じています。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
04/23 (火) 1
04/22 (月) 10
04/21 () 3
04/20 () 8
04/19 (金) 5
04/18 (木) 5
04/17 (水) 6
合計: 15828

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web