現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 明田系図2 名前:Tm.
2018/07/10(Tue) 16:57 No.338 


そもそも、ご子孫氏の家が本当に光秀の子孫の「明田」であったのかには疑問もあります。

『翁草』の明田理(利)右衛門が本当に光秀の子孫であったかは不明であり、その理右衛門とご子孫氏の家に繋がる明田善十郎の関係もまた不明で、親子・兄弟はもとより弟子ということも考えられるのではないでしょうか?後者であったとしても家名を継いだの(自僭?)かも知れませんが。

なにより、先祖にあたるとする於鶴(寉)丸の実在が不明であり、「明田」を称したのは松寿丸ともされています。

そのような点から現状で言えることは、明田理右衛門が光秀の子孫と目されていたことは確認されるが、正式に光秀の子孫を称したのは善十郎が津軽藩に仕えるようになってからであり、その時に件の「家伝」が仕立てられたとも考えられるのではないか、ということ。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: