現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:宮城系図10 名前:T/M
2018/06/01(Fri) 15:11 No.306 


1・延元元年(1336)越前国(現・福井県嶺北地方)で戦っていた南朝側の有力武将・新田義貞が根尾谷(岐阜県本巣市)の戦略的重要性を考え、重臣・堀口貞義・貞満父子を派遣し根尾谷を要塞化。その際、地元の豪族・山岸新左衛門に作らせたのが長嶺城。
長嶺城は越前や美濃・徳山(旧・徳山村 現・藤橋村)とのつなぎの場として、又、根尾南朝方の搦手詰城(として谷の最奥地に築かれ、戦略的拠点として重要な城であった。※「根尾村史」


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: