現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:日置氏 名前:澤源ら
2018/04/23(Mon) 20:35 No.282 


唐突ですが、可児市室原の妙智寺に信長の愛妾が庵を結んだ、と聞いたことがあります。
家来が二人付いたらしいのですが、20年前に現調して墓石の両脇は片方が「日置某」だった気がします。
妙智寺→明(みょう)智寺なら明智一族から信長の愛妾になった「姫」がいたという不正確な話にもリアリティが出ますね。
その姫の名前は「伏屋」という説を聞いた気がします。
可児市と多治見市の市境にあるんですよ、伏屋という地名が。
可児市は昔は土岐郡で可児川を物流にしようしていたので経済的利点もあった地区です。
余談ですが、当時中仙道は可児市側が便利なのに美濃加茂市側に変更させられてます。

以上、井澤康樹のfacebookで書き込みが有りました!!


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: