現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:福島克彦氏 名前:名無しさん
2017/12/04(Mon) 09:27 No.267 


12月3日、「中世大山崎の油販売と斎藤道三油売説について」というタイトルで大山崎町歴史資料館館長の福島克彦氏の講演があった。
大山崎神人には特定の名字があり松波姓は見られない。
振売、搾油は名字を持たないものが行っていた。
13〜14世紀より、美濃尾張では大山崎の油売りが活動し京都と美濃の行き来は頻繁にあったそうである。大山崎神人は、さまざまな商品を取り扱っており侍衆など守護内衆も「油商売」を行っていた。
しかし、そのような背景があるにしても斎藤道三の油売説は史料が見当たらないため不明というほかないようだ。

「明智光秀:史料で読む戦国史」福島克彦氏、藤田達生氏著などがある。

福島先生にはご遠方のところお越し頂き、ご講演ありがとうございました。



この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: