現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:キッコーマン醤油は土岐醤油か? 名前:呑舟
2017/11/05(Sun) 00:55 No.259 


野田の醤油醸造家が、合同して「野田醤油株式会社」を設立し
後に「キッコーマン株式会社」となる。
その醸造家の一つの「茂木家」。

郷土史資料から。「野田の郷土史」他

「茂木家」は
美濃土岐氏の一族で、上総国万喜(木)城主の後裔とされる。
城主三世土岐頼春は、安房の里見氏と戦をして、負け
弟の万木(真木)頼徳と、一時身を隠した後
豊臣に仕えた。

「寿覚院盛林妙夏大姉」
茂木家の始祖とされる女性。
豊臣家側の随身、真木頼徳の側室。

「大阪夏の陣(1615)」において頼徳が戦死したので、
その女性は徳川からの豊臣残党狩を逃れるために、各地を放浪した後、
落ちついた地が野田である。
「真木」という姓を改め「茂木」とする。
初代、茂木七左衛門。 (茂木総本家)

1662年頃から、野田で味噌作りを始めた。
後に醤油に転換。

とあり、現在の茂木本家も同様なHPをUPする。

http://www.momoa.jp/about2.html

MINO阿弥さんが登場しなくなったので、投稿の機会がへりましたが、今回、上記の土岐頼春弟真木頼徳が豊臣方で敗北し下総
野田に流れて来たとする伝承を一次史料等で確認したく思いますが、どなたか詳しい方はいませんでしょうか?

以前の研究レポートでは山口純男さんが江戸崎土岐家の分家が萬喜土岐家であり天正18年落城後、土岐頼春公は行方不明とかで終わっていたかに思います。

キッコーマン醤油の社史では創業者の一人の茂木家は美濃源氏土岐家末裔としますので、醤油の世界一は土岐醤油となります。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: