記事NO. 383 のスレッドへの 返信フォーム です


題名:光秀の室・煕子の基本検証について 名前:Tm. 2018/11/17(土) 11:44 No.383 

光秀の室については妻木範熙の娘で名前は煕子というのが通説となっていますが、それを確認できる最も古い文献はなんでしょうか。

wikiにある『美濃国諸旧記』(正保・1645-1648頃ヵ)だとするなら、そこには前妻として山岸信光の娘の千草の存在も記されており、それを無視して「煕子」のみを光秀唯一の妻であったかのように論じるのは問題だと言わざるを得ません。
もっとも『諸旧記』以前に「煕子」の伝承が存在していて、そこへ「千草」の件が挿入されという可能性も否定はできませんが、『諸旧記』にも「妻木範熙の女」とあるのみで「煕子」という名前は記されていません。

それについて、wikiには《『明智軍記』(元禄・1688-1704)によると》とあるのですが、刊行本の人名索引にも「煕子」の名は無く、本文では「範熙ガ娘」「妻室」と記されているのみのようです。『絵本太功記』(寛政9年・1797)には「照子」とあり、「煕子」の誤記あるいは仮名とみられることから、それ以前には遡れるものと思われます。

そもそも「煕子」という名前については、「当時らしからぬもの」として信憑性には疑問が持たれていますが、基本的な検証がなおざりのままに人口に膾炙していると言わざるを得ません。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:戦国未来 2018/11/17(土) 23:01 No.385  HomePage

>『絵本太功記』(寛政9年・1797)には「照子」とあり
『系図纂要』では、父親の名を「妻木範煕」ではなく、「妻木範照」としています。

>「煕子」という名前については、「当時らしからぬもの」
「〜子」は正式名称のようですね。

『明智氏血脈山岸家相伝系図書』では、「お牧の方」、明智光秀の養母(光綱の妻)は「美佐保の方」としています。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:名無しさん 2018/11/18(日) 12:13 No.386 

安国寺系図は、進士氏と美濃山岸氏が如何に縁戚関係だったかを強調して、さらに進士美作守晴舎の名前が初めて見られる系図ですが、作為的な感もあり信憑性に欠けるものではないかと思います。
前段の部分は明智氏一族宮城家相伝系図書と同じで途中から書き換えています。
美濃国諸家系譜などもそうですが、どうしてこんなに山岸氏が出てくるのか不思議です。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:戦国未来 2018/11/19(月) 10:04 No.387  HomePage

>どうしてこんなに山岸氏が出てくるのか不思議です。
「明智光秀=山岸信周の子」を前提に書いているからでしょう。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:名無しさん 2018/11/19(月) 07:22 No.388 

山岸信周が実在の人物かどうか検証できない事が、この系図の最大の疑問点です。
美濃国諸家系譜には山岸氏が悪源太義平の末裔という事を示唆していますが、そのような出自でなければ山岸氏に属して加賀の武士団が美濃根尾谷に落居するはずもなく、明智氏、進士氏との関わりも、そのような伝承が元をなしているのではないかと推測されますが、あくまでも推測、想像の限りです。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:Tm. 2018/11/19(月) 12:20 No.389 

『美濃国諸旧記』正保(1645-1648)頃では「信周」ではなく「光信」であり、その娘の千草が光秀の最初の妻であり、義理の父親とされています。
すなわち、時代が下るにつれ「光信」が「信周」に、「義理の父親」が「実父」へと変化したわけで、光秀が進士何某という説は、その前提からして根拠が不確かなんですよね。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:名無しさん 2018/11/19(月) 19:04 No.390 

その通りですね!
細川家に明智氏の関係者が身を寄せたであろう事はわかりますが、なんとなく無理な作為を感じます。
言い方はおかしいかもしれませんが、もう少し素直な系図にしてもらいたい気がします。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:Tm. 2018/11/20(火) 14:50 No.391 

何かと箔を付けたい=正統性を主張したいとなるからそうなるのでしょうね。
  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:戦国未来 2018/11/23(金) 00:05 No.392  HomePage

江戸時代、「徳川家康と話したことがある」は自慢できるけど、「謀反人の明智光秀の親戚」とは言わない、隠すと思うけど・・・今日、岐阜県図書館で勉強してきます。では、おやすみなさい。
  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:Tm. 2018/11/23(金) 05:21 No.394 

細川家自体が明智の親戚ですからね。それに、先にあげた「絵本太功記」(○寛政11年7月-1799年8月・初演)での光秀は主役で悲劇の武将とされており、おそらく、『明智軍記』(元禄・1688-1704)の発刊あたりから世間の光秀に対する見方も変わり=同情的になり、その血筋を称することに抵抗はなく、むしろ家名の誉れとなるものであったと思います。
  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:戦国未来 2018/12/14(金) 22:56 No.400  HomePage

>どうしてこんなに山岸氏が出てくるのか不思議です。
系図の制作者が玄琳(山岸光舎)だからかもしれませんね。
自分の家の話だから。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:Tm. 2019/01/12(土) 12:09 No.405 

結局、何時から光秀室の名が「煕子」と呼ばれるようになったかですが、三浦綾子さんが雑誌「主婦の友」に1973年1月号〜1975年5月まで連載された小説『細川ガラシャ夫人』の後日談として『人物日本の女性史』第4巻『戦国乱世に生きる』(集英社 1977)に述べられているなかに、
 余談だが、玉子の母の名も、私は坂本の最澄寺にその墓を見るまで、知らなかった。
 伏屋姫とか、お牧の方とか、小説には出ていた。が、墓には「明智光秀の妻凞子」となっていて、
とあります。
それを信じれば、三浦さんが『細川ガラシャ夫人』を執筆される時点で「煕子」という名は世間に浸透していなかったと考えられます。

ただ、「最澄寺」とあるのは言うまでも無く西教寺であり、また墓自体に刻まれているのは「福月真祐大姉 天正四年十一月七日」であり「煕子」でありません。その点に不審はあるものの、どうやら光秀室の名が「煕子」と呼ばれるようになった起源は西教寺にあったと考えられそうです。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:名無しさん 2019/01/17(木) 13:17 No.406 

「煕子」「熈子」とも難しい漢字ですね。
「ひろこ」と読むのでしょうか?
系図上では、単に女子とされ、あまり女性の名前は書かれていませんが、「煕」という字は山名時煕を想起します。
「明智一族三宅家の史料」にも書かれていなかったと思います。
「明智氏一族宮城家相伝系図書」「熊本安国寺系図」「明智一族三宅家の史料」は、山岸氏との関わりが書かれていますから、「山岸系図」があり、それを参考にした系図史料だと思います。
「明智光秀公家家譜古文書」では「明智氏血脈山岸家相伝系図書」という仰々しいタイトルですが同じです。
加賀から脇屋義助とともに美濃根尾谷に落居した山岸新左衛門(太平記に出名)の子長山遠江守頼基は土岐頼遠の聟となり、頼基の女子が明智頼重に嫁いだとされていますから、以後明智氏と山岸氏は重縁ということになります。
そのような事情が真実であれば、上記の系図書に山岸氏がたびたび登場してもおかしくありませんが、にわかに信じ難くなんとなく疑問です。
「光秀」についても良くわかりませんが、「煕子」については、全くわかりません。
ご研究を期待しています。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:名無しさん 2019/01/17(木) 15:49 No.407 

気が付きましたが、普通に考えると明智光秀の妻であれば戒名に院号がついていてもおかしくありません。
ネットにも福月真祐大姉とありますが、他の方の戒名のような気がします。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:名無しさん 2019/01/17(木) 17:21 No.408 

昔は、夫が大禅定門であれば奥さんも大禅定尼。禅定門であれば禅定尼となっているように思います。
戒名については詳しくありませんが夫婦であれば、その方が自然な感じがします。

  
 

題名:Re: 光秀の室・煕子の基本検証について 名前:Tm. 2019/01/18(金) 09:32 No.409 

『絵本太功記』では、光秀は武智光秀、信長は尾田春永、秀吉は真柴久吉などと言い換えられており、そのことからすると、「照子」もまた、「煕子」と記するのをはばかった変名だと考えられたものかも知れません。

このスレッドの返信数は 15件 です。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)